MENU

失敗はある?費用や痛み、手術跡は?ワキガ手術で気になるまとめ

わきがといえば、治すためには手術が主流の時代もありました。
今のようにデオドラント製品があまりなく、せいぜい汗を抑える制汗剤がある時には、わきがになったら病院へというのが一般的でした。


最近でも、手術を行う方も少なくないのですが、美容外科、◯◯クリニックでの施術を行うことが多くなっていて、他の手術大では、脱毛や美容の施術を行うというように、美容分野での施術の機会も増えました。

というのも、以前のわきがの手術は、剪除法でアポクリン腺を取り出す、脇に大きなキズを作ると言った方法で、大掛かりな施術ばかりでした。おまけに痛みも伴うものです。


全身麻酔を行い、切除法で行う場合は大手術になり、人工呼吸器を携えての方法です。
手術後は、傷の跡が残り、完全に治ったかと思ったら、再発も起き、保険適用外で高額な治療費の請求を受けた方も少なくありません。


手術に関しては、基本的には現在も同じですが、診察の歳に様々な方法の提案があるのは大きな違いです。
手術に至らない場合は、日常生活の改善の指導があり、手術の方法も直視下摘除法、ローラークランプ法、皮弁法などがあり、麻酔も局部的なもので、恐怖心を煽ることがないものが増えています。

また、多汗症などの治療のでの手術になる組合保険の適用があったり、医療補助が受けられるものもあります。
相談だけなら無料の病院もあります。


ワキガそのものは体質であり、病気ではないという観点から、美容整形クリニックなど出受ける方も少なくないのですが、まずはどのような治療があり、本当に手術の必要があるかなどの説明をうけてみてください。


アポクリン腺からの脂肪分の多い汗だけを最小限に抑えることで、臭いが気にならなくなったり、食べ物の嗜好が変わることで、手術の必要がないケースもあるなど、わきが治療は様々です。手術しないでワキガを治す


形成外科、美容外科などの相談窓口はいろいろあります。


わきが治療を行っているかを確認し、自分の場合はどうなのかを知ることが大切でしょう。